イノベーターになろう 全国6都市で開催する、日本最大の学生向けハックイベント

2017.10.21 (Sat) - 22(Sun) Sendai, Nagoya, Kobe
2017.10.28 (Sat) - 29(sun) Sapporo, Tokyo, Fukuoka

About JPHACKS2017

イノベーターを目指す学生のための日本最大のハックイベント

JPHACKS(ジャパンハックス)は、2014年からはじまり、全国6拠点で開催をされている、全国の学生を対象にした日本最大のハックイベントです。2日間のHack Day(ハックデイ)でのチーム開発と、そこから選ばれたファイナリスト達が東京に集い、Awardを賭けたプレゼンをおこなうAward Dayで構成されています。
また、Award DayではJPHACKS Innovator認定の授与や、様々なAwardを用意。参加することで、きっと皆さんの新しい未来を切り拓く場になることでしょう。

map

TOP MESSAGE 組織委員長より

江崎 浩 / HIROSHI ESAKI

東京大学大学院情報理工学系研究科 教授

JPHACKSは,300名以上の学生が参加する日本最大規模の学生ハックイベントで,未来を開拓するイノベータの誕生を支援・応援するイベントです.全国6か所で開催されるHack Dayと最終成果を披露するAward Dayを通じて,エネルギッシュな学生のみなさんの創造性と市場性に溢れたアイデアの創出と実装、そして魅力的なデモンストレーションとプレゼンテーションにチームとして挑戦していただきます. 熱気に溢れた会場内で他大学のチームと切磋琢磨し,お互いを理解しあい,友達の輪を広げるチャンスも与えてくれます.企業の方々からの熱くまた暖かい視線・応援もあります.JPHACKでの「経験」と「絆」は,これからのみなさんのイノベーション活動の糧となることでしょう.
Do Not Miss This Exciting and Sexy Opportunity !

JPHACK 2017 全体の流れ

  • STEP 1 8月中旬 応募開始!
    エントリーおよびチーム編成

    参加学生の方はまず、JPHACKS Hack Day (地方大会) にエントリーいただきます。2017年度は札幌、仙台、東京、名古屋、神戸、福岡の 6 会場で、2日程に分かれて開催します。
    チームでの参加を推奨していますが、個人で参加される場合でも、実行委員会にてチームを編成できます。※応募多数の場合は選考となりますので、ご了承ください。

  • STEP 2 10月上旬〜10月下旬
    A日程: 10月21・22日
    B日程: 10月28日・29日
    テーマ発表 ~ Hack Day での開発

    エントリー受付終了および参加チーム確定後、10月中旬を目途に今年度の開発テーマ・及び企業賞を発表します。 そして、2日間にわたって開催される Hack Day に必ずご参加の上、プロダクトを完成させてご提出いただきます。
    2日間の最終日には全チーム発表を実施し、JPHACKS Best Hack Day Awardを決定し、表彰されます。

  • STEP 3 11月上旬 審査委員会による審査
    Award Day進出チームの決定

    Hack Dayにて提出された全作品を対象に、審査委員会によってJPHACKS Award Day 進出チーム15チームが決定されます。
    各エリアから最低1チーム、合計15チームが選出されます。Hack Dayでの成績を加味致しますが、必ずしもBest Hack Day Awardの受賞チームがAwardに参加出来るとは限りません。

  • STEP 4 11月12日 Award Day 最終発表とブース展示

    全国の会場から選出された15チームが集う Award Day では、スポンサー企業を始めとした約100名の前で最終審査をおこないます。ステージ上での8分間のピッチの後、チームごとに展示ブースを設け、実際にプロダクトに触ってもらいます。
    また、Award Dayに進出できなかった場合でも、希望者はピッチの観覧や懇親会参加のためゲスト参加することができます(人数制限あり / 協賛企業賞対象チーム等)。

  • STEP 5 11月12日 イノベーター認定
    スポンサー賞の発表と表彰

    審査委員会により、JPHACKS Innovator 認定チームが選出されます。さらにオーディエンス(参加企業・学生等)によって最も票を獲得したチームにはBest Audience Award、更に審査委員会から選ばれた最優秀チームにはBest Hack Awardが授与されます。
    また、各スポンサー、パートナープログラム賞の発表も同時に行います。表彰後には、協賛企業、共催団体の方々、参加学生での懇談会を開催します。

Prize 豪華賞品&参加メリット

JPHACKSに参加をするだけで、商品やたくさんのメリットが得られます!

Hack Day参加特典!

プログラミング技術学習支援!

Hack Dayに参加するだけで、チーム開発やソフトウェア開発に必要な様々な技術の有償の学習支援を得ることができます。
Hack Dayまでの間に是非技術を向上させましょう!

ソフトウェア開発支援!(サーバとソースコード管理)

これまでに引き続きソース・コードを管理するGitHubの有償プランを無料で利用することができます。
また、クラウドサービスAmazon Web Serviceを無料で一定の料金分利用することができます。

他にも様々な製品支援!

一部のスポンサー企業様から、有償製品やAPI等をご提供頂く予定です。
Hack Day内で普段触ることのできない製品を利用して新しいイノベーション創造を目指しましょう。

Award Day参加特典!

Award Finalist表彰

Award Dayに進出した全てのチームに対して、Finalistとして表彰をおこないます。

20を超えるスポンサー企業賞!

JPHACKSにスポンサーをしている様々な企業からのスポンサー賞を獲得することができます。
デバイスや継続開発支援、更にはシリコンバレーにいけるチャンスも!?

Innovator認定とJPHACKS賞!

Award Dayに進出したファイナリストから、審査委員に認められたイノベータをInnovator認定として認定します。
更に、オーディエンスに選ばれるBest Audience Awardや、最優秀チームに授与されるBest Hack Awardなど、
あなたの新しいキャリアにつながる賞を用意しています!

参加を申し込む

2017 HACK DAYS

今年も札幌・仙台・東京・名古屋・神戸・福岡の6拠点にて開催決定!
A日程またはB日程のいずれかの会場に参加してください

date-iconHACK DAY(A日程)

2017.10.21(Sat) - 22(Sun)

JPHACKS HACK DAY@仙台-2017

2017.10.21(Sat) - 22(Sun)

@東北大学 青葉山東キャンパス(Dエリア)南講義棟(D18) 103

詳細を見る
仙台 / Sendai

JPHACKS HACK DAY@名古屋-2017

2017.10.21(Sat) - 22(Sun)

@名城大学 社会連携ゾーンshake

詳細を見る
名古屋 / Nagoya

JPHACKS HACK DAY@神戸-2017

2017.10.21(Sat) - 22(Sun)

@KIITO | デザイン・クリエイティブセンター神戸

詳細を見る
神戸 / kobe

date-iconHACK DAY(B日程)

2017.10.28(Sat) - 29(Sun)

JPHACKS HACK DAY@札幌-2017

2017.10.28(Sat) - 29(Sun)

@北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点

詳細を見る
札幌 / Sapporo

JPHACKS HACK DAY@東京-2017

2017.10.28(Sat) - 29(Sun)

@東京大学 工学部2号館 電気系会議室

詳細を見る
東京 / Tokyo

JPHACKS HACK DAY@福岡-2017

2017.10.28(Sat) - 29(Sun)

@福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター

詳細を見る
福岡 / Fukuoka

エントリー締め切り

2017年10月1日(日)
※事前の選考課題の結果に基づき合格者を発表いたします

エントリー資格

満18歳以上の大学生・大学院生・専門学校生・高専生
※チーム参加(最大5名)を推奨しますが、個人でも参加できます

使用できるハードウェア、API

開発テーマ発表時 (10月中旬) に、事務局から今年度の提供ハードウェア、APIをご案内します。
※市販のハードウェアは持ち込みが可能です。

参加費用

参加費は無料ですが、Hack Day 会場までの交通費、宿泊費は自己負担となります。
※AwardDay に進出したチームには、東京大学までの交通費を一部補助します

参加を申し込む

運営組織

主催

JPHACKS2017 組織委員会

共催

東京大学大学院情報理工学系研究科
北海道大学
東北大学
名城大学
神戸市
福岡市

スポンサー

JPHACKSは様々なスポンサーのご支援のもと運営をしております。参加者の皆さんにもあらゆる製品や企業賞をご用意いただく予定です。

パートナー

NTTコミュニケーションズ
NTTレゾナント

プラチナ

AJS
Bit&Innovations
JBS
Mercari

ゴールド

dwango
iseikatsu
fujifilm
freee
hitachi
ibm
nec
nssol
mufj_ms
opt

シルバー・ローカル

cybozu
yahoo

プログラムパートナー

JPHACKSに参加した後に、開発コンテストやワーキングスペース利用など、次のステップへの特別なプログラムを用意してくれるパートナーです。

Bit & Innovation
imagincup
mashupawards

テクニカルパートナー

JPHACKS参加者の開発物をより優れたものにするために、ツール提供や学習コンテンツの提供など、様々な技術的な支援をしてくださるパートナーです。

aws
GitHub
codeprep
progate

Past Products

  • Walky(JPHACKS2016)

    s

    視覚障害者向けの白状デバイス

    ここに行ってみたい、そんな散歩の情動を、大切に。 日常生活ですべての人々が当たり前のように行う、「散歩」を「テクノロジー」と掛け合わせてみました。

  • Bubbly(JPHACKS2015)

    路上パフォーマー向けのバブルデバイス

    路上パフォーマーと通りすがりの聴衆との間にインタラクティブなコミュニケーションを生み出すためのアプリケーションです。アメリカオースティンのSXSWへの出展、Sensorsに取り上げられるなどの実績を残しています。

  • Sight(JPHACKS2014)

    世界が聴こえる感覚拡張デバイス​

    “Sight”は「光を聴く」、すなわち視覚→聴覚の変換を可能にするデバイスです。国家プロジェクト"未踏"への採択のほか、DMM.make Akibaのスカラシッププログラムに参加しています。

HACK YOUR WAY
未来へと踏み出す一歩をお待ちしています

参加を申し込む